不倫は叶わぬ恋

言うべきことはいわないとダメ

専門学校2年生の19歳の冬、不倫してしまいました。不倫の相手は学校の40歳代の教師で、付き合っていた彼氏は23歳のヘタレで容姿も終わっている男性でした。私は先生の事が大好きで、そんな男性とはお付き合いをするつもりはありませんでしたが、私の過去の嫌な経験と不注意と予想違いが元で付き合う事になってしまいました。
ヘタレの彼とはバイトの同僚で、ただバイトの帰りに話をしたり、学校が夏休みですごく暇だったので遊んでいるだけの間柄でした。ただ、バイト先が同じで行動の時間帯が同じだという理由で遊ぶ回数はすごく多かったと思います。長い時間を共にしていると仲良くなっていくのは当たり前で、ヤツは私に恋愛感情を持ってくるようになってしまいました。
ある日ヤツは『好きです。付き合って下さい』と言いました。私は非常に困りました。理由は、身長170センチ体重90キロ肥満体で、あだ名がつぶれアンパンで容姿が気持ち悪すぎで、性格がヘタレすぎて付き合いたくなかったからです。だから23年間彼女ゼロでした。私はヤツの告白をストレートに断る事が出来ず、『体重が60キロを切ったら付き合ってもいい』と言ってしまいました。私はその時、『こんなヘタレに30キロ以上減量する事なんか無理、諦めるだろう、振ったと同じ』と思っていました。ストレートに告白を拒否できなかった理由は、以前にストレートに拒否してストーカーにあったからで、無理難題を押し付けて諦めさせた方がいいと感じたからです。

ダイエットに成功してしまった

しかし、ヘタレの彼は諦めずに猛烈なダイエットを4ヶ月間続け、冬には30キロの減量に成功してしまいました。私はものすごくショックでした・・・まさか、付き合う事になってしまうとは思いもしませんでした。私は先生の事が好きで、彼の事は全く好きとも思っていませんでした。だから、彼とデートをしている時もずっと先生の事ばかり考えていました。先生とは見つめあったりキスをしたりしましたが、彼とは手すらつなぎませんでした。
私は妻子持ちの先生に叶わぬ恋をしてしまい、ヘタレの彼は私に叶わぬ恋をしていました。その原因を作ったのは、不倫していた私にありました。複雑で切ない罪悪感に溢れる青春の思い出です。